最高レベルの安全システム

Safety

今求められている安全システムを搭載

必要不可欠となった安全運転支援装置。ドライバーの負担を減らし、より安全で快適な走りを実現します。

衝突被害軽減ブレーキシステム

AEBS:Advanced Emergency Braking System

フロントバンパーに内蔵された高精度ミリ波レーダーとフロントガラスに装着されたカメラによるフュージョン方式で、走行環境を正確に把握。前方に追突の危険がある車両を検知した場合、警告音の後に強い制動をかけ、衝突被害を防止もしくは軽減させます。

衝突被害軽減ブレーキシステム イメージ

車線逸脱警報システム

LDWS:Lane Departure Warning System

高速走行(車速60km/h 以上)時、車両が意図せず走行車線を逸脱した際には、マルチファンクションデイスプレイに逸脱した車線を表示し、警告音で注意を促します。

車線逸脱警報システム 車線逸脱警報表示 左側車線逸脱と右側車線逸脱

車両安定装置

VDC:Vehicle Dynamics Control

各種センサーで車両の挙動を測定し、エンジンの出カ・ブレーキを制御。 悪天候や滑りやすい路面でも、車両のコントロールを容易にします。

車両安定装置 VDC動作イメージ:アンダーステア時とオーバーステア時

全席3点式ELRシートベルト

衝突被害軽減ブレーキシステム(AEBS) の効果を最大限に発揮できるよう全席に標準装備しています。

ELR

高い剛性を誇るモノコック構造ボディと、N·V·Hに配慮した設計

高剛性モノコック構造ボディ

自動ロボット溶接等で車体とフレームを6 面に組み立てた後、エンジンやアクスルなどのシャシ部品を個別に装着するモノコックエ法を採用。従来のデッキエ法よりボディ剛性と組み付け精度が格段に向上しています。

高剛性モノコック構造ポディ ルーフとボデイサイドの自動ロボット溶接

低騒音、低振動を徹底的に追求

ボディやエンジンルームの防音対策など、あらゆる騒音や振動を抑えるために、設計段階からきめ細やかな対策を実施。N·V·H(ノイズ・振動・ハーシュネス)の低減を徹底的に追求しました。

N·V·H( ノイズ・振動・ハーシュネス)の低減 空力性能に優れるエアロボディ

高品質を維持する電着塗装

ボディ・フレーム溶接後に、車体全体を電着槽に沈め、下塗り塗装を電気的に吸着させる工法です。平滑性に優れた塗装面を実現するとともに、長期間高レベルな防錆性能を確保します。

電着塗装 電着塗装イメージ図


ページ上部に
もどる