お知らせ

空港・高速路線対応の「ユニバース・ベーシック」仕様 

 =安全性能はそのままに、必要な装備をセレクトした基本モデル=


  バスに求められる基本的な安全運転支援装置はそのままに、より経済性能が求められる空港路線・
  都市間高速路線・企業送迎車等に対応する為、従来のユニバースから観光仕様の装備品を一部見直し、
  必要な装備・仕様をセレクトした「ユニバース・ベーシック」仕様を追加設定いたしました。
  大型バスの選択肢のひとつとして、「安全」と「快適」を犠牲にすることなく、空港路線・高速路線・
  企業送迎車等に適応させた車両を「適正な価格」で提供することをコンセプトとしています。

 

■安全装備 

 大型バスに求められている3つの安全運転支援装置である、衝突被害軽減ブレーキ(AEBS)、
 車線逸脱警報装置(LDWS)、車両安定装置(VDC)と、乗客の安全確保に有効な全正席3点式
 シートベルト、ECE基準に適合する安全ボディ、ドライバーに有効な視界を提供するディスチャージヘッド
 ランプ、大型サイドミラー、フロントアンダーミラー(左右)を標準装備しています。

 

■外観 

 前後スポイラーを非装着とすることで、シンプルですっきりとしたデザインとし、車両の軽量化を図りました。
 フロントガラスは左右分割式2ピースガラスを採用し修理時の作業時間や費用を低減させました。
 またホイールは堅牢性に優れるスチールホイールを標準装備とし12R22.5のタイヤサイズを採用することで
 ランニングコストの低減にも寄与しております。

 

■車内 

 従来のユニバースに採用されていた大型の出入口ボックスや運転席仕切りをシンプルな構造のパイプタイプの
 仕切りへと仕様を見直しました。これらにより路線バスの運行に必要な整理券発券機や運賃箱など
 各種路線運行機器の取付けが容易となっています。また、フロント上部には停留所案内や整理券運賃
 表示機の設置が容易となるよう取付けスペースを確保いたしました。併せて、バス事業者様の架装ニーズ
 に対応できるよう、装備品の非装着を選択いただけるレスオプションも幅広くご用意しております。
 客席シートは従来のユニバースからご好評いただいている観光タイプの客席用シートを継続して採用し、
 観光タイプと同様の快適な移動時間を実現させました。

 

■換気性能  

 新型コロナウイルス感染症拡大によりバス車内の換気が重要視されています。
 「ユニバース・ベーシック」仕様においても従前のユニバース同様の換気性能を有しております。
 車内換気性能についての詳細は〔車内換気システム〕換気実験動画をご覧ください。

 「ユニバース・ベーシック」仕様のパンフレットはこちら