HOME > ユニバース > 安全性

安定性

 
安定性
 

パワータードブレーキ(補助ブレーキ)

パワータードブレーキ(補助ブレーキ)
 
エンジンの吸・排気バルブを制御し、エンジンの圧縮力を利用。優れた減速効果を提供する補助ブレーキです。2段操作で、滑らかで強力なブレーキ性能を実現します。
 

流体式リターダー(ZF社製インターダ)

流体式リターダー(ZF社製インターダ)
 
高レベルの減速性能を発揮する補助ブレーキです。4段調整で、1段目は定速走行モードで自然加速を抑制し投入時の速度に自動調整。2−4段に上がるにつれて強力な制動力を提供します。(オプション)

補助ブレーキ作動スイッチ

補助ブレーキ作動スイッチ
 
補助ブレーキの作動スイッチを、ステアリング左側のレバーに設置。視線移動が少なく、よりスムーズに安全に操作できます。
 

シューギャップオートアジャスト

シューギャップオートアジャスト
 
ブレーキライニングとドラムのギャップを最適に保ち続け、制動性能と優れた整備性を実現します。

アンチロックブレーキシステム ABS

アンチロックブレーキシステムABS
 
各車輪にセンサーを装備。急制動時や滑りやすい路面でもホイールロックを起きにくくし、回避能力を高めます。オプションでタイヤが空転する現象を防止するアンチスピンレギュレーターASR(Anti-Spin Regulator)の設置も可能です。
 

アンチスピンレギュレーター ASR

アンチスピンレギュレーターASR
 
アクセルの踏みすぎや加速時などによる、タイヤが空転する現象を防止。滑りやすい路面においても、いちだんと安定した発進・加速性、走行性を提供します。(オプション)

坂道発進補助装置 EHS

アンチスピンレギュレーターASR
 
坂道での発進を容易にするEHSを新たに標準装備。踏切等の坂道での停車時に、不意な後退を防止。スムーズで安全な発進をサポートし、運転疲労を低減します。
 

衝撃吸収式ステアリング

衝撃吸収式ステアリング
 
事故などによりステアリングに強い衝撃が加わると、ホイール自体が変形し、ドライバーの胸部・腹部への衝撃を緩和します。

3点式ELRシートベルト(埋込式)

3点式ELRシートベルト(埋込式)
 
大型観光バスでは日本初の全席標準装備(補助席除く)。万一の衝突時、自動的にシートベルトを固定するELR(Emergency Locking Retractor)付きです。
 

ECE基準適合の安全

ECE基準適合の安全
 
独自に開発した構造は、万一の車両転覆時、乗客の安全を最大限に確保するECE基準R66(ロールオーバー基準)に準拠 。安全性の高いボディです。
 
このページのトップに戻る