HOME > ユニバース > メンテナンス

メンテナンス

 

メンテナンス

 
メンテナンス
 
特徴

エンジンルーム

エンジンルーム
 
エンジンルームドアは大型のフラップタイプを採用。ワンタッチレバーでフラップドアをスムーズに開閉でき、しかも開口部がワイド。エンジン機器への接近性もいっそう高まり、点検・整備しやすい環境を整えます。また、エンジン、トランスミッション、クラッチディスクは、同クラスのバスよりも高い耐久性を実現しています。
 

オープンタイプ・ブレーキライニング

オープンタイプ・ブレーキライニング
 
ブレーキライニングにオープンタイプ構造を採り入れ、交換作業を容易にして、脱着時間を大幅に減少。通常、25分から1時間はかかるところ、なんと5分以内で作業できるようになりました。また、ブレーキ・シューも5分以内で分解することが可能。日常のメンテナンス時間の短縮に大きく貢献し、さらにブレーキの安全性も高めます。

バッテリー点検口

バッテリー点検口
 
バッテリーを引き出し式とし、運転席下に配置。外部から日常点検しやすいように設計しました。
 

エアタンク自動ドレインバルブ

エアタンク自動ドレインバルブ
 
エアタンク内の水分や粉塵、異物を自動的に排出して、安定した制動性を確保。同時に、エア系統のメンテナンスも軽減します。

エアクリーナー

エアクリーナー
 
吸気音を小さくした、低騒音の大容量タイプ。交換が容易な構造になっています。
 

オートグリスター

オートグリスター
 
常に安定した給脂を行うオートグリスター。取り扱いが簡単なうえ、メンテナンス費用を大幅に低減します。(オプション)

エンジン・リモート始動ユニット

エンジン・リモート始動ユニット
 
整備時に、エンジンルーム側からエンジンをコントロールできるリモートユニットを標準装備しました。
 

外側開閉型エアコンカバー

外側開閉型エアコンカバー
 
エアコンの整備カバーは外側に向って開口。整備士がルーフ中央で、安全に整備することができます。

エアドライヤ

エアドライヤ
 
ブレーキの空気ラインの結氷や凍結を防止。空気圧を適切に調節して制動性能を維持します。
 

集中ヒューズボックス

集中ヒューズボックス
 
ヒューズの確認や管理を容易にする集中ヒューズボックスを、乗降口わきに配置しています。

パワートレイン

 
パワートレイン
 
特徴

トルクフルな走りと低燃費の両立。磨かれたクリーン性能。すべてに最先端の力、パワーテック・エンジン、搭載。


都市間を結ぶハイウェイで。市街地の混雑した道で。さらに、日本特有のアップダウンの激しい山岳道路で。あらゆる走行シーンにおいて、ダイナミックで心地よい移動時間をお届けする「パワーテック・エンジン<D6CC Powertec Engine>」を搭載しました。高効率燃焼を追求した基本設計に加え、ユニットインジェクター、クールドEGR等、様々な先進テクノロジーを導入。トルクフルでゆとりある走りを提供し、低燃費と、PM(粒子状物質)/NOx(窒素酸化物)の抑制も実現しました。信頼性、静粛性にも磨きをかけた、すべてにおいて最先端のパワーユニット。ユニバースならではのクルージングを、ひときわ洗練させます。
※燃料にはS50またはS10の表示のある軽油をご利用ください。
   
D6CC 4バルブOHC直接噴射式インタークーラー
ターボディーゼル

最高出力
312kW(425PS)/1,800r.p.m
総排気量:12.3L
最大トルク
1,893N・m(193kgf・m)/1,200r.p.m
表
  インタークーラーターボディーゼル
高性能VGターボチャージャー   抜群の信頼性を誇るスチールピストン   ユニットインジェクター(電子制御高圧噴射)   クールドEGR
高性能VGターボチャージャー   抜群の信頼性を誇るスチールピストン   ユニットインジェクター
(電子制御高圧噴射)
  クールドEGR
タービン側に装着したノズルを可変し、過給圧を運転状況にあわせて最適に制御。低回転域から全域にわたって、様々な走行シーンに対応した適切な過給圧を生み出し、低燃費と低排出ガスの双方を実現します。 ※VG(Variable Geometry)   エンジンのピストン設計に、F1や世界の重量級ディーゼルに広く採用されるドイツ・マーレー社の高性能スチールピストン技術を導入。セラミックコーティングにより、ピストンリングとライナーの耐摩耗性を向上させたほか、オイルの噴射供給でピストン温度を大幅に下げ、長期間にわたる耐久性を高めました。   高圧噴射ポンプからノズルまで一体化された、電子制御のユニットインジェクター。 超高圧(2000-2500bar)で噴射を行い、高効率燃焼を実現。燃費を向上させ、PM発生も抑制します。また、高圧化のためのインジェクションポンプがなく、メンテナンスフリーを実現しました。   排出ガスの一部を電子制御により、適切な量だけ燃焼室へと戻すEGR(排気再循環システム)。水冷式EGRクーラーを備え、効率的なEGR効果を追求。NOxの生成を抑制し、燃費の向上も図っています。

DPF&SCR

 
クリーン+エコノミーを追求する、今、もっとも有効なアプローチ。
世界で注目される「DPE&尿素SCRシステム」を新搭載。
 
DPF&SCR
 
(1)DPF(粒子状物質フィルター)
高性能な酸化触媒とセラミックフィルターで構成されるDPF。まず、酸化触媒の作用でPM中の未燃焼燃料を連続して焼却処理。そして、PM中の残りのススをセラミックフィルターによって捕集します。PMを効率的に除去するこのシステムは、長期間にわたる耐久性能を持ち、なおかつメンテナンス性にも優れています。皆様の運行管理のさらなる合理化をサポートします。
 
(2)尿素SCRシステム
高効率焼却でPMの発生を抑えるパワーテックエンジン。
しかしながらこの技術は、PMとトレードオフの関係にあるNOxを増加させてしまいます。
そこで新たに導入したのが、NOx低減における最先端のテクノロジー、尿素SCRシステムです。無害な尿素水をマフラー内へ噴射し、NOxを化学反応によりSCR触媒で分解、無害化。NOxの大幅な低減を可能にしました。

「DPF&尿素SCRシステム」様々なチェック機能、使い勝手に優れる仕様を備えました

メンテナンス性に優れるDPF&尿素SCRシステム   尿素レベルモニター   尿素タンクおよび給水口   システム・ワーニングランプ
メンテナンス性に優れるDPF&尿素SCRシステム   尿素レベルモニター   尿素タンクおよび給水口   システム・ワーニングランプ
縦置きとすることで省スペースを実現。サイドリッドを開ければ、両方のメンテナンスが可能です。   クラスター内に設置。ドライバーは運転席にいながら、尿素水タンクの残量を容易に確認できます。   尿素水の給水口を専用に設置。給水時の使い勝手の良さを高めました。   DPF・尿素SCRシステム等に万一、異常が起こった場合、速やかに知らせる警告灯をメータークラスター内に備えました。

高性能マルチリンク・リジッド式エアサスペンション

 
高性能マルチリンク・リジッド式エアサスペンション   ダイレクトな運転感覚と快適な乗り心地を高次元で両立。ワイドトレッド、スタビライザーを含めた精緻なセッティングにより、車軸式の概念を超える新世代サスペンションを実現しました。また、このエアサスペンションには、お客様の乗降性を向上させるニーリング機能に加え、運転席において車高を上下各30mm調整可能な電子制御エアサスペンション(ハイトコントロール機能)もオプション設定しています。

N.V.H

 
N.V.H
 
特徴

空力性能に優れる流麗エアロボディ

空力性能に優れる流麗エアロボディ
 
細部にわたり空気抵抗を削減し、空力性能を高めたエアロボディを実現。走行安定性と燃費向上に寄与します。
 

空気抵抗が小さいアウトサイドミラー

空気抵抗が小さいアウトサイドミラー
 
空力テストを繰り返し実施。高速走行時、ミラーでの空気渦流の発生を抑え、風切り音を最小化します。

低エネ型電子制御ファンクラッチ

低エネ型電子制御ファンクラッチ
 
冷却水温を直接感知して、冷却ファンが必要になった場合のみ作動。燃費を向上させ、振動・騒音も低減します。
 

省エネ制御エアコンコンプレッサー

省エネ制御エアコンコンプレッサー
 
エアコンコンプレッサーは車体への振動を抑えるためエンジン側に取り付け。新たに燃費向上に寄与する省エネルギー型に進化させました。

メカニズム

 
メカニズム
 
特徴

高剛性モノコック構造ボディ

高剛性モノコック構造ボディ
 
比類ない精度の自動ロボット溶接などにより、正確にに車体とフレームを6面に組立てた後、エンジン、アクセルなどのシャシ部品を個別に装着するというモノコック工法を採用。従来のデッキ工法では得られなかった、卓越のボディ剛性と組み付け精度が実現。ユニバースはまさに、世界最大規模で高品質を維持する設備から生まれています。
 

高品質を維持する電着塗装

高品質を維持する電着塗装
 
ボディ・フレーム溶接後に、車体全体をそのまま電着槽へ沈め、下塗り塗装を電気的に吸着させるクオリティを追及した工法です。平滑性に優れた均一な塗装面を実現すると同時に、長期間、美しいエクステリアを維持する高レベルな防錆性能を確保します。
 
このページのトップに戻る