社会貢献活動

 

世界との共生

 
「世界との共生」というスローガンの下、ヒュンダイ自動車は社会貢献活動でもグローバルベスト企業としての模範となるべく努力をしています。

2004年12月に津波に襲われた東南アジアの被災国に、150万ドル相当の義援金と救援物資を送る一方、現地の社員とディーラーが自発的にボランティア団を結成して、積極的にボランティア活動を行いました。
これより前のアルジェリア地震、イラン地震等の天災にも、救急車や救援物資の支援と人命救助活動等を実践し、国際保健医療発展財団にH-1救急車2台を寄贈する等、グローバルな公益事業も積極的に展開しています。

ヒュンダイ自動車は台風被害や大惨事が発生した場合、迅速に効果的な支援を行うための非常災害対策プログラムと、障害者、養護施設、一人暮らしの老人、貧困家庭の子供、孤児家庭等に定期的に寄付金を送る等、社会援助が必要な人々のための後援事業プログラムを運営しています。
特に社会貢献活動が形骸化したり、一時的な行事で終わらないように、自発的な社内ボランティア団体を結成する等、継続的な活動のための体系的な運営、支援を行っています。

それ以外にも、教育安全キャンペーンを後援して、全世界の大学生が交流できる機会を提供する、「Be Global Friends HYUNDAI」を実施、未来の人材である大学生に様々な文化体験の機会を与えるプログラムを運営しています。また、ヒュンダイ自動車は世界各国の優秀整備士を招請、韓国研修プログラムを実施して、韓国文化体験と共にヒュンダイ自動車に対する自負心を鼓吹することにより、ブランドイメージの強化とお客様満足度の向上に寄与できる機会としています。

ヒュンダイ自動車の社員一人一人は、あらゆる企業活動に倫理的思考と責任を尽くし、様々な社会貢献活動を通じて社会的責任を果たすことができるよう最善を尽くしており、ヒュンダイ自動車の価値を全構成員と共に分かち合えるように努力しています。

大規模地震被害を被ったイランに救急車を支援
大規模地震被害を被ったイランに
救急車を支援
 
海外優秀整備士の韓国研修プログラムを実施
海外優秀整備士の
韓国研修プログラムを実施
 
 
このページのトップに戻る