HOME > 企業情報 > ヒュンダイモーターについて > ヒュンダイモーターの歴史

ヒュンダイモーターの歴史

 
ヒュンダイモーター(HYUNDAI MOTOR COMPANY)は1967年に設立され、当初はフォードやイタルデザイン、そして日本の三菱自動車と技術提携を結び、自動車製造を開始しました。
1976年にはそれまでの技術養成期の集大成として、初の自社開発モデルPonyを完成し、世界に輸出を開始しました。そして1990年頃までには独自の技術開発の足固めを終え、1990年代には国際競争力を持つ総合自動車メーカーとなりました。
世界市場に向けた輸出も積極的に行われ、1986年には生産累計で100万台、1988年には200万台、総生産台数1,000万台を達成し、1996年には400万台の輸出台数を数えるに至りました。
私どもの足跡は韓国自動車産業だけでなく、韓国経済の発展にも大きく寄与したと言えます。
 

1967 − 1975

 
1967年 「ヒュンダイモーター」設立
1968年 フォードとライセンス契約調印
1974年 チューリッヒモーターショーでPonyを発表

1967 − 1975 技術養成期

 
 

1976 − 1985

 
1976年 最初のPonyが輸出される
1978年 11トン貨物トラック、ダンプカーの販売開始Granda(6気筒)発表
1981年 Pony 2生産開始、15トンダンプカーを発表、三菱自動車と技術提携
1982年 生産累計30万台に達す(Pony)
韓国メーカーでは初めて生産累計、50万台を超える
1983年 カナダへ輸出開始、Stellar発表
1984年 「ヒュンダイ」の実験施設完成、累計輸出金額、10億ドルを超える
1985年 Excelの最初の大型組立工場完成(年産30万台)
「ヒュンダイ モーター アメリカ」設立

1976 − 1985 自社モデルの開発

1976 − 1985 自社モデルの開発

1976 − 1985 自社モデルの開発

1976 − 1985 自社モデルの開発

 
 

1986 − 1990

 
1986年 Excel輸出される、生産累計、100万台を突破、Grandeur発表
累計輸出金額、100億ドルを突破
1987年 Graceバン発表、Excelの生産累計50万台を超える
1988年 生産累計、200万台を突破、Sonata発表
Excel/Prestoの生産累計100万台を超える
「ヒュンダイ モーター ファイナンス コーポレーション」米国で設立
1989年 Excelの累計輸出台数が100万台を超える
New Excel(X-2)発表、Grandeur3.0 V6デビュー
1990年 乗用車第3工場の建設完了、Elantra販売開始
米国での販売累計100万台を超える

1986 − 1990 自社技術の足固め

1986 − 1990 自社技術の足固め

1986 − 1990 自社技術の足固め

1986 − 1990 自社技術の足固め

 
 

1991 − 1995

 
1991年 「ヒュンダイ」初の独自開発エンジンAlphaを発表
生産累計400万台を突破
1992年 Scoupe Turboが「パイクピークヒルクライムラリー」で優勝
高級車「New Grandeur」発表、生産累計、500万台を突破
1993年 Sonata II発表、
Elantraオーストラリアの「カーオブザイヤー」に選ばれる
1994年 「ヒュンダイ」の2番目の独自開発エンジン、Beta発表
サブコンパクトカー「New Accent」発表、輸出累計、300万台に達す
1995年 コンセプトカー「HCD-III」発表、新型高級車「Marcia」発表
コンパクトカー「New Elantra」発表
南陽(ナムヤン)R&Dセンターの第1期工事完成
連続可変式変速機開発、DOHC Alphaエンジン開発
Accentカナダのベストバイ賞獲得、ISO 9001証明取得

1991 − 1995 技術競争期 /1

1991 − 1995 技術競争期 /1

1991 − 1995 技術競争期 /1

1991 − 1995 技術競争期 /1

 
 

1996 − 2000

 
1996年 Sonata III発表、全州(ジョンジュ)CV R&Dセンター開設
クルマのボイスコントロールシステム開発
低排ガスディーゼルエンジン発表
「ヒュンダイ」独自開発のエンジン制御装置を発表
スポーツクーペ「Hyundai Coupe」発表、高級車「Dynasty」発表
「ヒュンダイ」韓国で最初の車のクレジットカードを導入
南陽(ナムヤン)R&Dセンターの第2期工事完成
Sonataの国内販売累計、100万台に達す
「ヒュンダイ」騒音制御システムを開発
累計輸出台数、400万台を突破
累計生産台数、1,000万台を突破
牙山(アサン)工場の建設完了
インド工場の建設開始
ヨーロッパに新しい部品配送センターを開設
1997年 Starex/H1デビュー、独自開発のEpsilonエンジン発表
全州(チョンジュ)CV工場稼動、Atos販売開始
「ヒュンダイオートプラザ」開設、トルコ工場建設完了
「グリーンサービス」発表、「スーパートラック」シリーズ発表
ワン・コールサービス開始
1998年 軽量コンパクトなDeltaエンジン発表
サウジアラビアのアルワリード王子が5千万米ドルを投資
新型Sonataデビュー、Hyundai XG初公開
「ヒュンダイモーターインド」操業開始
米国向け商用車輸出開始
1999年 最高級車「Equus」発表
Tiburon Tubulence発表
ソウルモーターショーに出展
New Accent発表
起亜自動車買収
1999年 大型セダン、エクウス発売
2002 FIFA ワールドカップ
風洞実験施設完工
2000年 韓国初の乗用ディーゼルエンジン開発
カリフォルニア燃料電池のパートナーシップに参加
サンタフェ発売
韓国初の燃料電池自動車開発

1996 − 1999 技術競争期 /2

1996 − 1999 技術競争期 /2

1996 − 1999 技術競争期 /2

1996 − 1999 技術競争期 /2

1996 − 1999 技術競争期 /2

1996 − 1999 技術競争期 /2

 
 

2001 − 2005

 
2001年 サンタフェ燃料電池車発表
サンタフェ、米国消費者満足度調査第1位に選定
インド工場の生産累計20万台を突破
大韓民国デザイン経営大賞受賞
2002年 カリフォルニアにデザイン&技術研究所完工
クリック(日本名:TB)市販
中国北京汽車と合作工場を設立
HMC、ダイムラー・クライスラー、三菱自動車3社が合同でグローバルエンジンの合弁法人設立
2003年 北米デザインセンター竣工および走行試験場起工
サッカーのユーロ2004公式スポンサー契約
自動車業界で最初に“グローバル環境経営”を公式宣布
自動車業界で初めて“環境技術研究所”を着工
先端テレマティックス“モゼン”サービス開始
2004年 米国技術研究所起工
1,000万台輸出で韓国輸出歴史上新記録樹立
世界水準のプレミアム中型セダン新型「ソナタ」発表
中国に商用車合弁工場設立
北京現代自動車北京工場、生産20万台突破
2005年 カリフォニア走行試験場を完工
米国アラバマ工場を完工。「ソナタ」の米国生産を開始
ヒュンダイグループ世界販売台数第6位に躍進
ヒュンダイ・キアグループ新環境技術R&Dセンター設立
最高級上級セダン「グレンジャー」発売

2001 − 2005 技術競争期 /3

2001 − 2005 技術競争期 /3

2001 − 2005 技術競争期 /3

 
 

2006 − 2011

 
2006年 北京現代自動車北京第2工場起工
2006FIFAワールドカップ™ドイツ大会メインスポンサー
ヒュンダイ製鉄 韓国・唐津(Tangjin)に製鋼所起工
2007年 現代自動車創立40周年
インド法人次世代小型車「i10」発売
「グレンジャー」JD Power消費者満足度2年連続1位
2007 Seoulモーターショーにて「HND-3(ヴェロスター)」初公開
2008年 カリフォルニアにデザイン&技術研究所完工
クリック(日本名:TB)市販
中国北京汽車と合作工場を設立
HMC、ダイムラー・クライスラー、三菱自動車3社が合同でグローバルエンジンの合弁法人設立
2009年 北米デザインセンター竣工および走行試験場起工
サッカーのユーロ2004公式スポンサー契約
自動車業界で最初に“グローバル環境経営”を公式宣布
自動車業界で初めて“環境技術研究所”を着工
先端テレマティックス“モゼン”サービス開始
2010年 米国技術研究所起工
1,000万台輸出で韓国輸出歴史上新記録樹立
世界水準のプレミアム中型セダン新型「ソナタ」発表
中国に商用車合弁工場設立
北京現代自動車北京工場、生産20万台突破
2011年 カリフォニア走行試験場を完工
米国アラバマ工場を完工。「ソナタ」の米国生産を開始
ヒュンダイグループ世界販売台数第6位に躍進
ヒュンダイ・キアグループ新環境技術R&Dセンター設立
最高級上級セダン「グレンジャー」発売

2006 − 2010 技術競争期 /3

2006 − 2010 技術競争期 /3

2006 − 2010 技術競争期 /3

2006 − 2010 技術競争期 /3

2006 − 2010 技術競争期 /3

2006 − 2010 技術競争期 /3

 
 
このページのトップに戻る